NTT データ、振込用紙のスマホ撮影でペイジー支払いを可能に。広がる各種スマホ決済

税金・公共料金の支払いが手軽に  NTT データが新たなサービスを発表

 

12月12日、株式会社 NTT データ (以下、 NTT データ) は、スマートフォンで振込用紙を撮影することで、手軽に税金・公共料金、通信販売などの支払いが可能なるサービスを開始予定であると発表しました。

 

日本初、スマートフォンアプリでペイジー払込票の支払いに対応~税公金に加え、公共料金や通信販売等の払込票もアプリで支払い可能に~ (12月12日) 
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/services_info/2016/2016121201.html

 

株式会社 NTT データ (以下: NTT データ) は、金融機関向けスマートフォンアプリ 「アプリバンキング」 の拡張機能として、スマートフォンアプリを使ってペイジー払込票の支払いができる日本で初めての機能を、2017年上期をめどに提供開始します。
本機能は、ペイジー払込票の支払いをスマートフォンから行う際、従来は手入力の必要があった収納機関番号、お客様番号、確認番号をスマートフォンのカメラで撮影することでまとめて読み取り、簡単な操作で、場所や時間を問わず税公金や各種料金の支払いを可能とする機能です。 (引用出典: NTT データ 公式リリース)

 

 (画像出典: NTT データ 公式リリース)
(画像出典: NTT データ 公式リリース)

 

アプリバンキングの機能を拡大。ペイジーと連携し、さらなる利便性を追求

今回リリース予定であるサービス、そのベースとなる 「アプリバンキング」 は、2015年3月より提供が開始されたスマホアプリです。これを用いることでインターネットバンキングと契約していなくても、必要な情報を入力するだけで残高の照会や入出金明細の確認ができ、昨年2月からはコンビニ用支払用紙のバーコードをスマホで読み取ることで、簡単に税公金の支払いが可能になるよう改良が施されました。

ここに来春より読み取り対象として追加されるペイジーとは、日本マルチペイメントネットワーク運営機構が提供するサービスのことです。 「 Pay-easy マーク」 が付いている納付書・請求書の処理をスマホなどから行うことができるようになり、 「いつでも、どこでも、カンタン、安心」 に支払いが済ませられる機能であると謳われています。インターネットバンキングと契約していれば、夜中や休日であっても金融機関・コンビニに出向くことなく、手元にあるスマホやパソコンを使って料金を振り込むことが可能です。

新サービスではこの二つが連携することになり、スマホアプリのダウンロードおよび口座など事前の情報登録が完了していれば、スマホで支払用紙を撮影するだけで料金を支払うことができます。同サービスはすでに西日本シティ銀行や池田泉州銀行、足利銀行、岩手銀行が採用を検討、 NTT データはさらに対応金融機関の獲得を目指す方針を示しています。

 

アップルペイも日本上陸 提供開始が相次ぐ決済サービス

スマホを利用した資金決済サービスは、今年の10月に米アップルによる 「 Apple Pay (アップルペイ) 」 が提供開始されたのを例とするように、日本国内でもその数を増やしています。

たとえばアップルペイは新型スマホ 「 iPhone7 」 を使って決済を行うもので、電子マネー 「 Suica 」 や提携しているクレジットカードを撮影するだけで、その機能を使うことができるようになります。さらに各カード会社との連携も注目されており、 JCB などは同社カードをアップルペイで利用をすると、決済金額の10%、最大で5000円を還元するキャンペーンを実施しています。これにより利用者の獲得と手数料の増収が見込め、顧客の囲い込みも図れると考えられています。

また、 NEC と三井住友銀行の共同設立会社であるブリースコーポレーションは、コンビニ支払用バーコードをスマホ画面に表示することによって、支払用紙を持参せずにコンビニ店頭での支払いを可能にするサービスを開発、 NTT データと同じく来春の提供開始を発表しています。請求書の発行があるとリアルタイムでバーコードが通知され、アプリ上でそれらを複数管理することができます。ペーパーレスで請求書を持ち歩ける上に、期限が迫れば通知が来るため、支払い忘れ防止にも繋がるサービスとなっています。事業者やコンビニ側からすれば、紙をなくすことでコストと処理・管理の負担を軽くすることができるとされています。

 

 NTT データの新サービス、その特徴と今後の展開とは?

それでは他社の展開と比較したとき、 NTT データのサービスにはどのような特徴があるでしょうか。利点は大きく二つ挙げられます。
一つ目は日本で初めて、ペイジー払込票の支払いをアプリで実現したことです。ペイジーは税金や公共料金など多くの人が必ず利用する収納機関と連携しているため、今後大きな広がりを見せる可能性があると考えられます。また、これまであったいくつもの番号入力など利用者負担を軽減できる点も、本アプリの導入を推し進める上で重要になってくるものと見られています。
二つ目はインターネットバンキングへの申し込み、または金融機関やコンビニへ出向く手間を省略できる点です。振込用紙を撮影するだけで支払いを進めることができるため、店頭にある専用の端末にスマホを接触させたり、 QR コードの読み込みやバーコードを表示する必要もなくなるのです。

以上のように、スマホ決済は各社から登場しており、利用者は場所や時間などの制約から解放され、簡単に支払いを行えるようになりつつあります。画期的なサービスはその利便性から一気に浸透することがあり、顧客の増加・確保と売上向上に繋げることが可能になります。また、豊富なデータを取得し蓄積できることから、デジタルマーケティングおよび新たなサービスが展開され、フィンテックがより一層加速することが予想されます。
NTT データにおいては払込票そのものを不要とするサービスなどの検討も進めており、金融機関や IT (情報技術) 大手との競争はますます激化の一途を辿ることが見込まれます。今後、同業界ではより高度で安全な技術の開発と人材の確保・育成が急がれることになりそうです。

注目の案件一覧(ウィンスリー)

キャリア相談&お問い合わせフォーム

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリーは、若手の優秀な経験者様のキャリア相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

■ お名前 (必須)

■ メールアドレス (必須)

■ 生年月日 (必須)

■ 電話番号 (必須)

■ お勤め先

■ 問い合わせ内容
 キャリア相談 案件の仔細を知りたい 求人を紹介して欲しい その他

■ 相談内容、応募したい案件・企業名などを記載下さい

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリー