電通アイソバー、 LINE との連携サービスを提供 より高度なセグメント配信へ

電通アイソバーがアドビのデジタルマーケティングソリューションと連携

12月1日、電通アイソバー株式会社 (以下、電通アイソバー) は、自社開発の 「 TONARIWA 」 と 「 Adobe Campaign 」 を連携させたサービスの提供開始を発表しました。

 

電通アイソバー、 LINE  ビジネスコネクト ( TONARIWA )  と  Adobe Campaign  のソリューション連携の提供を開始 (12月1日)
http://www.dentsuisobar.com/news/2016-1201/

 

電通アイソバー株式会社 (本社:東京都中央区築地、代表取締役社長 CEO :得丸英俊、以下電通アイソバー) は、アドビのデジタルマーケティングソリューション 「 Adobe Marketing Cloud 」 のクロスチャネルマーケティングソリューション 「 Adobe Campaign 」 と LINE  ビジネスコネクトの開発パートナーである電通アイソバーが独自に開発した、 LINE  ビジネスコネクトを用いたマーケティング活動を支援するメッセージ配信プラットフォーム 「 TONARIWA 」 とのソリューション連携サービスの提供を開始いたします。 (引用出典:電通アイソバー公式 リリース)

 

 

 (画像出典:電通アイソバー公式リリース)
(画像出典:電通アイソバー公式リリース)

 

公式アカウントと会話等、双方向コミュニケーションを実現する TONARIWA

今回電通アイソバーがアドビの製品と連携させる TONARIWA は、リッチコンテンツを得意とするメッセージ配信プラットフォームです。人と人がコミュニケーションを取るように、人と企業を One to One で繋ぐために同社が手掛けた 「 LINE  ビジネスコネクト」 向けの統合的マネージメントサービスとなります。従来のように、企業の公式アカウントからユーザーに一方的かつ一斉にメッセージを配信するのではなく、個々に合わせた双方向のコミュニケーションを実現するために開発されました。たとえば、株式会社リクルートジョブズの公式アカウントであるパンダのキャラクター 「パン田一郎」 に LINE 上で話しかけると、希望や位置情報に適したアルバイト情報を紹介してくれたり、ユーザー自身の給与計算やシフトの通知をしてくれたりと、これまでになく個人に迫ったサービスを提供しています。また、悩みごとの相談を行うと、仕事にまつわる名言を返してくれるなど、 LINE で友人と会話をするかのような、高度なコミュニケーションを交わすことが可能となっています。

加えて大きな特徴とされているのが、クライアントが自社のシステムと TONARIWA を連携させて、自由にカスタマイズできることです。情報の取得をユーザーの許諾ありきで行うことで、顧客管理 ( CRM ) ツールおよび業務ソリューションツールとしても活用することもできるようになっているのです。

 

 Adobe Campaign でオン・オフに依存しないクロスチャネル展開が可能に

TONARIWA  は多くの企業にその機能を提供し、 LINE のみで完結できるプロモーション展開や、トーク機能と自然言語処理技術を組み合わせた双方向の会話コミュニケーション施策などを実現してきました。一方 Adobe Campaign は、あらゆるツールを網羅したクロスチャネルキャンペーン管理ソリューションです。 Web やメール、 SNS といったオンラインだけでなく、コールセンターやダイレクトメールといったオフラインをも含んだ、あらゆるチャネルにおけるマーケティングの自動化を行います。また、他の Adobe Marketing Cloud ソリューソンとも連携することができ、それによって分析や Web コンテンツの管理などが可能となるため、リアルタイムにユーザーの興味関心を把握し、最も効率的なコミュニケーションをクライアントに提案することができます。

つまり Adobe Campaign を活用することで、オンライン・オフラインに依存しない全チャネルのユーザーデータを一元的に管理し、きめ細やかなターゲティングやセグメンテーションなどを一貫したシナリオ設計の上で行えるようになるのです。個々に合わせた最適なコミュニケーションの選択は、質の高いエクスペリエンスをユーザーに提供するために重要となってきます。この Adobe Campaign が TONARIWA と繋がることによって、これまで以上に幅広い施策の展開と顧客ロイヤリティー向上サービスの開発が進むと考えられます。

 

フルサービスデジタルエージェンシーの提案する新サービスとは

具体的なサービス概要は下記のとおりとされています。

 

 Adobe Campaign と連携することにより Adobe Campaign の顧客情報と LINE ユーザーをスムーズに連携させ、 Adobe Campaign 上にある顧客データや購買履歴・ Adobe Analytics との連携による行動履歴、商品情報や在庫情報をベースにセグメンテーションされたデータを用いて、よりリッチなコンテンツをシームレスに TONARIWA 経由で配信するサービスを提供いたします。 (引用出典:電通アイソバー公式リリース)

 

フルサービスのデジタルマーケティングエージェンシーである電通アイソバーと、クロスチャネルにおけるキャンペーンを管理する Adobe Campaign の連携は、今までは届かなかった域まで到達する深いインサイトでのセグメント配信を可能にすると見込まれます。さらに、その効果検証までを一貫して行えることから、非常に短い期間で PDCA サイクルへ活かすことができ、より効果的なデジタルマーケティング戦略の立案に役立つものと見られています。

電通アイソバーは今回アドビのソリューションと TONARIWA と容易に連携させることが可能なインターフェース・ツールを、業務提携企業の Sutrix Solutions 社と共同で開発しています。また、同時期にデジタルコンテンツを評価するサービス 「 THE SIGMA METHOD 」 の展開も発表しており、その豊富なデータやノウハウを用いてフルサービスデジタルエージェンシーだからこそ可能となるサービスの提供を、ますます活発化させていく姿勢を見せています。

 

電通アイソバーの案件一覧(ウィンスリー)

キャリア相談&お問い合わせフォーム

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリーは、若手の優秀な経験者様のキャリア相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

■ お名前 (必須)

■ メールアドレス (必須)

■ 生年月日 (必須)

■ 電話番号 (必須)

■ お勤め先

■ 問い合わせ内容
 キャリア相談 案件の仔細を知りたい 求人を紹介して欲しい その他

■ 相談内容、応募したい案件・企業名などを記載下さい

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリー