元アップルのCDOが手掛けるLVMHのECサイトが6月オープン!ブランドビジネスが本格デジタルシフトへ

満を持して本格デジタル参入を果たす、ラグジュアリーブランドの勝負

今年はラグジュアリーブランドのEC参画が相次ぎます。先日ご紹介した 「プラダ」 のEC強化に続き、こちらもまた先日ご紹介したブランド・コングロマリットのLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON/ 以下、LVMH)傘下の仏老舗百貨店ル・ボン・マルシェ (LE BON MARCHE)が6月中旬、ECサイト「24 Sevres」を立ち上げることをWWDが報じています。

このECサイトでは、LVMHグループの主要ブランドであるルイ・ヴィトン、ディオールをはじめ世界148のブランドを取り扱う予定とのこと。まずローンチとなるアプリは、フランス語・英語限定対応ですが使用は世界中どの地域からでも可能。ラグジュアリーブランドのオンライン展開は出遅れに出遅れた感が否めませんが、満を持してスタートするだけに実装機能は先端を目指しています。それもそのはず、本プロジェクトを率いるのは2015年にアップル社からLVMHのチーフ・デジタル・オフィサーに就任したイアン・ロジャースで、現在までにティーザーではありますがECサイト公式インスタグラムが開設されています。

lvmhinsta
24sevres 公式インスタグラムより

デジキャリ読者のなかにはもしかしたら 「ラグジュアリーブランドの商いは自分とは関係がない」 と考える方もいるかもしれませんが、グループで投下可能な資本はトップクラスなのがLVMHグループです。日本ではまだ数が少ない 「チーフ・デジタル・オフィサー(CDO)」 を置く組織であれば、その展開は世界中であることからもこの手の商いはデジタル分野に残された一つの牙城とも言えなくはないでしょう。WWDでは直近の予定サービスも示しています。

オムニチャネルにも積極的に取り組むとみられ、世界中75カ国への配送に加えてパリ店舗での受け取りサービスも実施する。プロによるビデオチャットやフェイスブック・メッセンジャーを活用したチャットサービスも始める予定だ。また、ローンチを記念して、「クロエ(CHLOE)」「ジバンシィ(GIVENCHY)」「ロエベ(LOEWE)」「マルニ(MARNI)」など68のブランドが世界中のアーティストとコラボレーションした限定のカプセルコレクションも用意する。

グループ最高峰のメンバーを運営に据え、業界のデジタルシフトを促進

LVMHではECサイト「24 Sevres」にはエンジニア、カスタマーサービスなどのスタッフを置き、スタートアップ企業の認識でサービスの向上に取り組むと表明しているところから、当然ながらかなり本気度の高い事業であることがわかります。今回の本事業の前段となる取り組みが過去にもありましたが、ラグジュアリーブランドが手掛ける事業としてのECというには成功と言えず、「24 Sevres」 を運営する布陣には同グループ最高の面子をそろえて全体的なデジタルシフトを図っていく考えです。

なお、日本ではCDOという経営に参画するデジタルセクション統括責任者を組織に置く企業はまだ少なく、元インスタグラム日本事業責任者だった長瀬 次英氏が日本ロレアルのCDOに就任したニュースが記憶に新しいところ。今後もこの役職を置く企業の動向は何かと注目です。

 

キャリア相談&お問い合わせフォーム

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリーは、若手の優秀な経験者様のキャリア相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

■ お名前 (必須)

■ メールアドレス (必須)

■ 生年月日 (必須)

■ 電話番号 (必須)

■ お勤め先

■ 問い合わせ内容
 キャリア相談 案件の仔細を知りたい 求人を紹介して欲しい その他

■ 相談内容、応募したい案件・企業名などを記載下さい

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリー