都内近郊で38店舗を展開する 「オオゼキ」 公式アプリ・リリースに見るネットスーパーのデジタルマーケティング

オムニチャネル時代のネットスーパー事情を考える

6月10日、リレーションズ株式会社 は、株式会社オオゼキ が展開するスーパーマーケット 「オオゼキ」 の公式スマートフォンアプリ、 「[ 公式 ] オオゼキアプリ」 のリリースを発表しました。https://www.relationsgroup.co.jp/pressroom/9017

今回リリースしたアプリでは、電子チラシやバイヤーオススメの商品記事、店舗ごとのキャンペーン情報などを配信。それらをプッシュ通知することで買い物の 利便性を高める狙いです。また、キャッシュバックカード 「OZカード」 と連携しており、アプリ上で登録するとよりお得に買い物が楽しめるとのこと。公式アプリの対象は現在4店舗、随時拡大していく予定としています。

 

(画像出典 : [ 公式 ] オオゼキアプリ iOS 端末向け)
画像出典 : [ 公式 ] オオゼキアプリ iOS 端末向け

 デジタルマーケティングを早期導入。ネットスーパーは今後も需要が高まる見込み

スーパーマーケット業界ではネットスーパーへの進出を機に、デジタルマーケティング施策の推進が早期から展開されていました。その事業特性は、営業時間中に買い物ができない共働き世帯や、重い荷物の持ち運びが困難な高齢者の増加といった社会背景や、ECそのものの隆盛も手伝い、今後各社の競争激化は必至。現在、大手スーパーをはじめとする多くの企業が参入を果たしており、近年では以下のような取り組みも行われています。

  • セブン&アイ

    セブン&アイグループが所有するコンビニや百貨店、スーパーなど、業態を横断した通販サイト 「 omni7 」 をオープン。実在の店舗とネットを融合したオムニチャネルとして、2018年度には約600万品目の品揃えを目指す方針です。

  • イオン

    セブン&アイに続くかたちで、グループ統一の通販サイト 「イオンドットコム」 を開設しました。同時に店頭へタブレット端末を設置し、売り場にない商品もネットを使って案内するスタイルを導入。最低限のサンプルだけを店舗に置き、その数倍~数十倍の品揃えをウェブ空間から購入してもらう仕組みを作り上げています。

  • 西友

    西友のネットスーパー 「 SEIYU  ドットコム」 は、 初の総合スーパーマーケットとして、 KDDI が運営する 「 au  ショッピングモール」 に出店。 利用特典として付与したポイントを au  ショッピングモール内での買い物に使えるなど、ユーザーサービスの強化を行っています。

 

いち早く参入し、優れたデジタル戦略を採用したサミットの撤退

住友商事の子会社 「サミット」 は、惜しまれながら2014年10月にそのサービスを終えています。同社では独自の取り組みとして、配送車が家のそばにくると 「まもなく到着です」 などの案内メールを送ったり、2012年の段階でスマホアプリによる購入を可能としていました。バーコード検索機能や、アンドロイドでは音声検索機能も付け、商品に付いているバーコードをスマホのカメラで読み取って、サイト内の製品を探すことができたりなど、業界としては一歩も二歩も進んだ施策を導入していたのです。そうした施策や送料無料化なども推し進めますが、事業開始から10年で売上高1000億円を目標に掲げつつも、黒字化のめどが立たないことから早期撤退を決めました。
その原因として挙げられるのが出荷方法でした。首都圏で初めて店舗からではなく、専用の配送センターから出荷する 「センター出荷型」 を採用したことにより初期投資がかさみ、送料無料が多いなか配送距離も伸びてしまったことから、赤字に繋がったとしています。

小売りの選択肢が拡大された現在、ネットスーパーの取るべきデジタル戦略とは?

いまやオークションサイトから、AmazonなどのEC事業では、ほとんどの商品を取り扱っているうえ、配送システムも整備されています。そのため、スーパー各社が挑むネットスーパー事業でも各社さまざまな取り組みを進めています。

セブン&アイはネットスーパー西日暮里店にて、配送計画を自動作成するクラウドサービス 「 Mobile Asset Management Service 」 を導入。配送ルートの自動化・効率化を図り、受注件数を既存のネットスーパーの約5倍である、1日当たり最大2,000件までを可能にしました。

西友は実店舗とネットスーパー用のフロアを併せ持つ西友豊玉南店をオープンしたばかり。作業効率化のため、集める注文商品の順番が表示される端末の使用や、専用カートで4世帯分の集荷をまとめて行うなどの工夫をこらしています

 

キャリア相談&お問い合わせフォーム

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリーは、若手の優秀な経験者様のキャリア相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

■ お名前 (必須)

■ メールアドレス (必須)

■ 生年月日 (必須)

■ 電話番号 (必須)

■ お勤め先

■ 問い合わせ内容
 キャリア相談 案件の仔細を知りたい 求人を紹介して欲しい その他

■ 相談内容、応募したい案件・企業名などを記載下さい

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリー