2020.01.31

Q.

現在、デジタル領域での転職を考えているのですが、転職サイトに登録していると各社か ら直接スカウトメールが届きます。エージェントを利用するメリットはどのようなことがあるでしょうか?

名前:笹崎誠(仮名)
年齢:28歳
性別:男性
社会人歴:4年目年~7年目
年収:~499万円
業界:ネット専業広告代理店
業種:マーケティング/プランナー/ディレクター
企業規模:【国内】大手・上場企業
ポジション:現場・リーダー
転職回数:なし


新卒で大手Web広告代理店に入社し、UXデザイナーとして勤務しています。数百万~数千万円規模のWebサイトに関するデジタルマーケティングプロジェクトを担当しています。給料アップと事業会社側へ行きたいという思いから転職活動をはじめました。

2020/01/25

A.

エージェントを利用するメリットは、一社だけでなく複数社の良い点、課題点を比較できること(ダイレクトリクルーティングでは圧倒的に情報量が少ない)、履歴書/職務経歴書の添削、面接対策、年収交渉等々、沢山あります。特に直接企業へ応募してしまうと、残業時間等ネガティブなことを聞きづらかったり、現職での緊急対応や体調不良により当日面接へ行けなくなった場合の対応が大変だったりとデメリットが多いです。

弊社では、転職活動を一緒に歩んでいく信頼パートナーとして親身になって転職を支援させていただいていますので、転職活動を終える時には「○○さんのおかげで全力を出し切れ、自分の納得のいく転職活動ができました」というお言葉をよく頂きます。
単に会社を紹介するだけでなく、これまでのキャリアの振り返り、自分の強み・弱み、好きなこと・嫌いなことを整理して、それを軸に今後どのようなキャリアを築いていきたいのかを一緒に考えていきます。
また、他のエージェントを利用せず、弊社だけに全てお任せいただける方が多くいます。結果として、各社へのアピールの仕方や各社との年収交渉、どこか一社だけ先の選考に進んでしまわないように日程調整等も含め一緒に戦略を考えながら転職活動を進められる方が多いのです。

弊社はデジタルマーケティング領域に特化し、各社との信頼関係が深いため、下記のようなメリットがあります。

・コンサルタント自ら各社へ訪問し、他では得られない詳細情報、最新情報を得ている

・ポジションAがマッチしなくてもポジションBがマッチしていれば書類/面接を通過させることができる

・デジタル業界で活躍していたメンバーがコンサルタントとして所属しているため、キャリアに沿ったより最適なアドバイスができる

・候補者の方にマッチした会社を紹介しているため、決定率が高い

・カルチャーフィット等を含め候補者の方にマッチした会社を紹介しているため入社後の退職率が低い(半年以内の退職:ウィンスリー0.8%、他社3~4%)

転職は人生を大きく左右します。孤独な戦いでもあります。
我々は皆さんと一緒に歩んでいきます。まずは気軽にご相談いただければと思います。

回答者 特命ヘッドハンターD

株式会社ウィンスリー ヘッドハンター

役に立った

4