2019.04.11

Q.

ひとつの会社の中でデジタルマーケティングの実績を積んできましたが、現在の環境のままだと頭打ちになるのではないかと悩んでいます

名前:山本 裕典(仮名)
年齢:31歳
性別:男性
社会人歴:8年目〜11年目
年収:500万円〜699万円
業界:ITコンサルティング/SI
業種:マーケティング/プランナー/ディレクター
企業規模:【国内】大手・上場企業
ポジション:現場・リーダ
転職回数:なし


私は新卒で大手メーカーのハウスエージェンシーに入社し、以来BtoBプロモーションからBtoBマーケティングのプランナーとしてデジタル施策のプランニングと実行等、広く経験をしてきました。現在は主任へ昇格し、セミナーの講師を任されることもあります。ご相談なのですが、GAIQの取得や勉強会などへ参加をしている中で、高度なデジタルマーケティングを提供されている外部テクノロジーベンダーとの差を目の当たりにし、現職での取り組みが遅れていることを痛感しています。さらにデジタルマーケティングのスキルを向上させていくために転職を考えていますが、どのような会社に活動をしていくべきでしょうか。

2019/04/011

A.

頑張って実績を積んでいる方が、ふと他社の環境を垣間見た際に、初めてそのギャップに気付き、頭打ち感を抱く方はとても多いです。山本さんは今の環境ではこれ以上伸びていけない、でもそこからブレイクスルーしたい!という高い意識をお持ちのようですね。

ご経歴を拝見しましたが、山本さんはマーケティングの領域ではスキルや経験を高いレベルに持っている方なので、そこからさらに伸ばしていくためにはデジタルマーケティング業界のトップをひた走る電通デジタル、もしくはIMJなどをおすすめします。
電通デジタルとIMJは同じようなデジタルマーケティング会社ですが、会社の成り立ちが違うということから社風や向いている方向が異なります。

・電通デジタルは従来の広告コミュニケーションにデジタルの無限大の可能性を加えることで、より包括的に企業のマーケティング活動をサポートする会社。

・IMJはアクセンチュア傘下に入り、デジタルをもって企業の経営課題の解決をする、いわばコンサルティング色の強い会社。

どちらがご自身に合っているのか、自分を顧みて自分自身や周りの環境、業界全体やマーケットも分析しながら転職活動をすすめていくと良いでしょう。

回答者 瀧島一郎

株式会社ウィンスリー ヘッドハンター

役に立った

3