2019.04.11

Q.

WEBマーケティングの経験やスキルをもっと伸ばすためには、事業会社と支援会社どちらを選ぶべきでしょうか

名前:中村 雄一郎(仮名)
年齢:37歳
性別:男性
社会人歴:12年目以上
年収:700~999万円
業界:事業会社(メディア・WEBサービス)
業種:アナリティックス/ツール設定・運用
企業規模:【国内】大手・上場企業
ポジション:マネージャーレベル
転職回数:2回


私は現在 リクルートグループにて社内向けの開発及び社外向けサイト構築の双方向を担当し、フロントエンジニア・SEO担当・WEBディレクター・UXディレクターなどを歴任しながら8年程在籍しています。色々なサービスを経験しスキルを積む中で、その強みや興味、関心をもっと伸ばしたいと思うようになりました。今後は外の環境で自分を試していきたいと思い、転職を決意しています。その中で事業会社に行くか広告代理店のような支援会社に行くか悩んでおります。私の今までの経験を活かし、スキルを伸ばしていくにはどちらを選ぶべきでしょうか。

2019/04/11

A.

中村さんはリクルートグループという厳しい環境で経験を積み、成果をあげられているようですので、私見ですが次の会社も高いレベルのところを狙えるのではないかと思います。
ですが転職とは人生に大きく関わる「転機」です。経験スキルを伸ばしたいのであれば、まずは社内での機会の有無も確認してみましょう。ジョブローテーションをしながらスキルアップしていく手もありますね。そして社内には無いとご自身で納得したうえで、事業会社か支援会社か考えていくことをおすすめします。
一般論のお話をさせていただきます。
「WEBマーケティング、デジタルマーケティングのスキルを伸ばしたい」というモチベーションであれば、事業会社ではなく、代理店などの支援会社側に行くべきかと思います。
何故なら事業会社側でのマーケティングとは、その環境の中だけで閉じて成立するようなものが多く、汎用性がないというケースがありえるんですね。
対して代理店などの支援会社でマーケティングをやっていくと、色々な企業の色々な課題に対してのマーケティングソリューションを行いますので、よりたくさんのケースに触れることができ、経験スキルはどんどん伸びていくと思われます。
一方で事業会社側では与えられる裁量が多いというメリットも考えられます。悩んだ時には自分のことを顧みるために、今後何をしたいのかを書きだして言語化していくこともおすすめです。そうすると自身について体系的にロジカルに整理できていくので、面接の時にも有効ですよ。

回答者 瀧島一郎

株式会社ウィンスリー ヘッドハンター

役に立った

3