2019.02.22

Q.

企画制作かプロデュース職への転職を考えています。

名前:吉田 咲(仮名)
年齢:32歳
性別:女性
社会人歴:8年目〜11年目
年収:500万円〜699万円
業界:事業会社(メディア・WEBサービス)
業種:クリエイティブ/制作
企業規模:【国内】大手・上場企業
ポジション:現場・リーダー
転職回数:1回


2年前に出版社から転職し、現在はWebメディアで制作を行っています。少し前に記事制作の問題があった以来是正が進んでいると思います。その一方、AIが進化していく今後を考えるとAIが記事を生成していくような事も考えられると思います。その場合、ライターやWeb制作の仕事はなくなるのではないかと不安です。将来のキャリアを考えた場合に、企画制作かプロデュース職への転職を考えています。

2019.2.22.

A.

メディアの記事制作は、SEO対策として考えた場合、記事内容の信憑性、信頼性を重視していくことが前提としてあります。その上でユーザーの興味を惹かれるコンテンツを用意しているかが重要です。
AIは現時点では省力化、業務効率化を目的として定型的な作業に向いていると言われており、上記の様な創作的な業務に活用されてる事例は多くありません。ですので、ひとまずユーザーの興味を惹かれるような企画提案力を身につけることに注力されてはいかがでしょうか。

回答者 黒瀬 雄一郎

株式会社ウィンスリー 代表

役に立った

1