転職エージェント選び、「そこが知りたい」に答えます:その1:エントリー段階

第2回:転職エージェント選び、「そこが知りたい」に答えます:その2:書類が先か?人が先か?で分かれる結末
第3回:転職エージェント選び、「そこが知りたい」に答えます:その3:面接を “流れ作業的” に行うなかれ!

 

あなたは「転職エージェント」を使う派?知らないのはもったいない多数のメリット!

転職をする際、「とりあえずエージェントに登録しよう」という方が増えています。理由はさまざまですが、もっともよく耳にするのが「自力でアタックするより効率もいいし結果も変わる」ということ。

どういうことかと言うと、転職求人サイトなどで募集をかけている企業に個人で応募するという段取りを取ると、規定フォーマットによる書類選考で多数の集団と闘うことが第一関門です。採用担当者は非常に多忙なので、書類選考では一目瞭然で有力さがわかる候補者が有利です。書類でアピールしきれない個人の強みや特性を伝えるには、まずこの関門を突破してからとなるので、時間の効率も悪いしアドバンテージを取りにくくなります。その点、エージェントを起用すると、採用担当者と日々顔を合わせてニーズを把握しているため、マッチング性能において素早く選考のフィールドに上がることができます。それに、事前のコンサルテーションによってその人が望む転職の希望を加味して、最適な企業を探し出してくれる可能性が格段にあがります。

しかし、実は「選ぶエージェントによってこんなにも差があるとは…」という話もよく聞く事実。

今回から転職エージェント選びに役立つ、ウィンスリーと他社の違いをわかりやすく解説いたします。

【エントリー段階での違い】ぶっちゃけ時間がないのに“書類ファースト”な会社!

120401

左の図が一般的なケースです。

転職活動はほとんどの場合が、現在も就業しながらスタートを切ることが多いもの。そうなると、“デジキャリ”読者の多くは現場で既に責任のある仕事を担当しているため、「とにかく時間効率をよくしたい!」というニーズがあります。

それなのに、

「ではまず、履歴書と職務経歴書を作成してお持ちください」。

と、候補者の状況を鑑みることなく、十把一絡げにまずは書類の提示をオーダーされる、いわゆる【書類ファースト】でコトは始まるのです。これにはどっと転職の意欲もそがれるのではないでしょうか?

その点、図の右側・ウィンスリーでは、手ぶらでお越しいただいてOKです。

来社前に書類をつくるのに時間をかけているのはもったいない!その間に優良企業の採用が終わってしまったら?とりあえず意欲だけ持参すれば大丈夫。

そうすれば、じっくりお話をお聞きしながら現状の把握に始まり、ご希望状況、可能性のある方向性などを一緒に探りながら、最適なレジュメを共同でつくりあげていくことができます。

これは時間のないビジネスパーソンにとっては、まずホッとすることかもしれませんね。