「ネット系広告会社」から「大手外資系出版社」に転職: 候補者が抱く潜在的な希望をコンサルタントが見出し、存分に活躍できる環境を獲得

30 歳を前に、現状の働き方や職場環境への漠然とした不安を感じていた M.H さん。ウィンスリーの新里コンサルタントがそんな彼に提示したのは、実績を活かし、さらに新たな挑戦を可能とする案件でした。入社後 4 ヶ月を経過し、久しぶりに再会する二人に、当時のこと、これからのことを存分に語っていただきました。

 

■転職者プロフィール
M.H さん ( 30 歳)
メディアレップから教育系出版社に出向(業務委託) デジタル広告オペレーション担当

外資系出版社 デジタル広告部

≪略歴≫
新卒で ネット系広告代理店に入社、 5 年間勤務。その後、メディアレップに転職し、教育系の出版社に出向。 2 年半の間、デジタル広告のオペレーションに従事。その後、ウィンスリーを利用して転職活動を行い、 2016 年 5 月に外資系出版社に転職。デジタル広告のオペレーションなどを担当しながら、新しい広告商品の開発などを行う。

 

 

客先常駐での限定的業務から、自社媒体のデジタル広告担当へと理想どおりのキャリアチェンジを果たした背景

■ 新里:お久しぶりです。 2016 年 5 月に転職されて 4 ヶ月が経ちましたが、お仕事はどうですか?

■ M.H さん:毎日充実しています。新商品のローンチ直後で、ついさっきまでトラブル処理でバタバタしていましたが、無事に解決できてほっとしているところです。

■ 新里:活躍ぶりが感じられますね。前職のメディアレップ勤務では、教育系出版社に出向・常駐してデジタル広告の運用やオペレーションをご担当していました。そこから外資系ラグジュアリー媒体社のデジタル広告担当に正社員としてキャリアチェンジを果たしたわけですが、仕事内容に具体的な変化はありますか?

■ M.H さん:激変ですよ (笑) 。以前はオペレーション担当としてただルールに基づきオペレーションをするだけでしたが、今はデジタル広告担当としての 基本業務に加え、少しずつプログラマティック広告や新メニュー開発などにも関わる機会が増えています。経験者採用にも関わらず、新しい業務ばかりなので必死でくらいついているような状況です。

■ 新里:本当に充実しているのですね。初めて転職の相談にいらした時は 「このままオペレーションだけをやっていていいのか」 と悩んでいらっしゃいましたが…。

■ M.H さん:はい、前職で 2 年半、担当していた教育系媒体のオペレーション業務では、仕事が言わばルーティン化されていて、限定的な業務のみを受け身でこなしている状態でした。やりがいも薄く、スキルも停滞してしまう不安から、30 歳を目前にしてこのままでいいのか…、と考えるようになり、ウィンスリーさんに登録したのです。

 

大手外資系出版社の最新求人はこちら

 

Office desk

30 歳という節目を目前に、新たなポジションにステップアップ。流れの早い広告業界で勉強の日々

■ 新里:良い転職に欠かせない要素として、タイミングがありますが、ちょうどその時、御社から「デジタル広告のオペレーションの経験があり、今後の運用を任せられる人材が欲しい」との相談を受けていました。すぐに M.H さんが頭に浮かびました。 先方のニーズを満たすのはもちろん、ご自身にとっても業務の幅が広がり、大きな成長の機会となるはず、と考えたのです。

■ M.H さん:本当に幸いでした。今までの経験を活かし、かつ商品開発といった、自己にとって新たな挑戦ができるポジションに正社員として入社できたことは、実にありがたく思っています。

■ 新里:私も M.H さんとお話しするなかで人柄やご経歴を深く知り、ご紹介企業において将来的にデジタル広告の商品開発業務を率いるリーダー的存在をも目指せると感じました。そこでM.H さんの経験やポテンシャルを、強くご推薦したという次第でした。

■ M.H さん:ありがとうございます。今は業務に追われこなすのに必死ですが、本当に充実しています。広告の流れの早さを痛感しながら、日々勉強です。周りを見渡すと、大手企業出身者で高いスキルを持つ方々ばかりで。ときどき、 「自分で大丈夫かな?」 なんて不安になりつつも、実際のところ、思い悩む暇もないほど大量の業務を回しているので、今は食らいついていくのみです。少し余裕ができたら、新たな目標に向けて勉強もしていきたいと思っています。いろんな意味で刺激的な環境ですが、それが今の私にはすべてモチベーションにつながっています。

新しい環境がもたらす刺激を糧に、最新のデジタル広告を知り尽くす業界のプロフェッショナル人材になりたい!

■ 新里:なるほど。これまでと比較すると、提案権限を持ち、チーム内でもプロフェッショナル人材として能動的な仕事姿勢を期待されているわけですね。

■ M.H さん:はい、多忙でもやりがいと目標を持てるので、貢献意欲も増しました。会社は紙媒体で培った非常に高いブランド力を誇り、かつデジタルへの投資や展開も積極的で業界をリードしています。新しいアドテクノロジーを取り入れたタイアップ広告などにも力を入れているので、今後はそうした商品や、オンライン広告とオフライン広告の連動広告など新しい業務にも携わることが目標です。ゆくゆくは、デジタル広告全体を見られるプロフェッショナルになることを視野に入れています。

■ 新里:御社はいち早く媒体のデジタルシフトに取り組み、デジタル媒体の運用に成功してここ数年、増収増益を重ねています。優秀なデジタル系人材の採用にも積極姿勢ですよね。そうした精鋭たちと仕事を共にすることも、M.H さんのポテンシャルさらに開花させるはずですから、いずれは業界のプロフェッショナル人材として飛躍ができると信じていますよ。意欲を活かす組織で、どんどん活躍していってください!

■ M.H さん:ありがとうございます。またもう少し慣れてきた頃に、新たな成長を感じていただけるように日々を過ごしていきますね。

~ 入社 4 か月を経て新里コンサルタントから ~

同じ広告運用の業務でも、企業文化も方針もまったく異なる環境に転職されたM.Hさん。転職して 4 ヶ月経ち、新しい刺激を受けて、自分の仕事をしているという顔つきになっていました。リーダーとして活躍していける人材と期待しているので、自己成長をしてただきたいですね。

大手外資系出版社の最新求人はこちら

キャリア相談&お問い合わせフォーム

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリーは、若手の優秀な経験者様のキャリア相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

■ お名前 (必須)

■ メールアドレス (必須)

■ 生年月日 (必須)

■ 電話番号 (必須)

■ お勤め先

■ 問い合わせ内容
 キャリア相談 案件の仔細を知りたい 求人を紹介して欲しい その他

■ 相談内容、応募したい案件・企業名などを記載下さい

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリー