【事業会社による挑戦】 富士フイルム(株) 一色 昭典②

一色昭典

富士フイルム(株)

e 戦略推進室マネージャー

2016.06.02


【事業会社による挑戦】 富士フイルム(株) 一色 昭典②

 

 

実例検証) ベネッセ × 富士フイルム提携による 「おたんじょうび記念号フォトブック」 プレゼント企画

 

富士フイルム(株)の取り組みの中で、特殊な施策となった実例をを紹介します。当社の 「フォトブック」 サービスを利用し、(株)ベネッセコーポレーションと提携して行っている 「おたんじょうび記念号フォトブック」 です。 “フォトデュケーション (フォト + エデュケーション) ” と称して、フォトブックを教材として提供し、お子様の情操教育に役立てていただいています。

 

この 「おたんじょうび記念号フォトブック」 は、ベネッセが 「こどもちゃれんじ」 の会員継続施策として行っているサービスで、 「こどもちゃれんじ」 の会員の 1 〜 6 歳まで、 100 万人の会員様の誕生日に、富士フイルムのフォトブックを作成できるクーポンを無料でプレゼントするというもの。

 

デジカメやスマホによる撮影が一般的となった現在、気軽に子どもの写真を撮れるようになり、家庭では相当数の画像データをストックしています。しかし、その画像データをプリントするということが昔に比べて圧倒的に減ってしまいました。そこで、子どもの成長記録や 「思い出をカタチで残す」 という体験をプレゼントする、という着想から、お父さんお母さんが厳選した我が子の写真を印刷し、製本してフォトブックにするという企画を立ち上げたのです。

 

「子どもの一番かわいい瞬間を、プレミアムな仕立てのフォトブックにして残す」 。この点を重視しました。このフォトブックにはソフトカバーのゼロックス印刷タイプと、ハードカバーの写真印刷タイプがあります。(※)フリーミアムモデルで、ソフトカバータイプは無料でプレゼントすることとし、ハードカバータイプに関しては、「こどもちゃれんじ」 会員専用のクーポンを利用してもらうことで値引きをしてご提供できています。このサービスでは基本サービスを無料で提供し、有料版へのアップセルしてもらうことにより、収益化を狙っています。

 

※ フリーミアムモデルとは … 基本的なサービスや製品を無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能については料金を追加で課金していくビジネスモデルのこと

 

 

フォトブックを契機とする、他社顧客を自社の顧客へと導くルート形成

 

本取り組みににおける富士フイルムのねらい

・写真やフォトブックを使った情操教育の普及 「写育」 = 「フォトエデュケーション」
・フォトブックの認知向上で写真をプリントする行動の拡大
・口コミの広がりによるバズマーケティング

 

本企画では、ベネッセさんの保有する 100 万人の会員にフォトブックの認知を拡大できるという得難い機会でもあり、フォトブックを一度でも体験してもらえればリピーターになっていただけるかもしれない。そのため、一度ご利用いただいた方に対してはプライベート DMP を活用し、キャンペーンマネジメントに基づいたメールマーケティング ( eDM 、リアル DM ) やクーポンプレゼントなどの CRM 施策を行います。

 

本音を言えば、この 「おたんじょうび記念号フォトブック」 はフリーミアムモデルですので、当社としては無料のソフトカバータイプではなく、有料のハードカバータイプにアップセルしていただきたいわけです。そこで、サイト上のヒートマップ解析を行い、 UI の改善を行うなど、徹底的に検証と実行を繰り返したのです。

 

ベネッセ会員を富士フイルムの顧客に導くためのサイト上の施策

・ヒートマップ解析による UI 改善
・ A/B テストで検証による UI 改善
・スマホシフトの徹底

 

さらに、一度フォトブックを作成いただいたお客様には、フォトブックだけでなく、富士フイルムブランドのファンになっていただくことが重要です。このために我々は “ワン・富士フイルム構想” に基づき、リピートしていただくためのさまざまなアプローチを行います。たとえば、お子さんのフォトブックを基点として、お母さんには 『アスタリフト』 の化粧品をご提案し、お父さんにはデジカメに興味をもっていただく、といったように。そうしてそのお客様の行動履歴・購買履歴に基づいた One To One マーケティングを実践することにより、やがてリピーターに、そしてロイヤルカスタマーになっていただけることを願っています。

 

 

既存顧客をロイヤル化・リピート化に導くための施策

・プリント CRM (定期情報配信)
・お客様クーポン ( eDM 、リアル DM )
・新商材体験キャンペーン
・顧客ニーズに基づく情報・特典配信
・休眠顧客の掘り起こし

 

「富士フイルム デジタルマーケティング戦略」 セミナー資料より抜粋 「T 字型の組織機能構造」

  「富士フイルム デジタルマーケティング戦略」 セミナー資料より抜粋

 

 

ベネッセ × 「こどもちゃれんじ」 会員 × 富士フイルム、Win – Win – Winのモデルを実現

 

「こどもちゃれんじ」 会員 … フォトブックプレゼント
ベネッセ … 会員様の満足度向上
富士フイルム … フォトブック体験/サービス認知向上/新規体験者獲得/アップセルでの商品購入

 

この 「おたんじょうび記念号フォトブック」 の取り組みは、「こどもちゃれんじ」 会員、ベネッセ、富士フイルム、三者それぞれにメリットがあります。やはり、オリジナルできれいに製本された我が子のアルバムというのはうれしいものです。プリントしてあるからこそ、思い出を身近に感じることができますし、このフォトブックの仕立ては特別感を感じられるはず。 「こどもちゃれんじ」 会員の皆様には 「写真を撮り、残す」 喜びを体験していただけることができました。また、お母さんたちの間で自然にオススメし合う、いわばナチュラル・バズが生まれました。そしてその喜びの声はベネッセさんに届けられ、当社とベネッセさんとの間における信頼関係までをも高めてくれます。またベネッセさんにとっては、このフォトアルバムがお客様の呼び水になったり、長期的なエンゲージメントに貢献することもできます。そして、当社にとっては、先に述べたような新規顧客獲得施策となっているのです。

 

最終的にこの取り組みは、富士フイルムにとっては B to B (ベネッセ) と B to C (「こどもちゃれんじ」 会員) 、それぞれに関係を構築できるレアモデルとも言えます。

 

 

【事業会社による挑戦】 富士フイルム(株) 一色 昭典①

【事業会社による挑戦】 富士フイルム(株) 一色 昭典②

【事業会社による挑戦】 富士フイルム(株) 一色 昭典③

 

←INTERVIEW 一覧へ戻る