≪私のレジュメ≫ 藤田康人ができるまで

藤田 康人

(株)インテグレート

代表取締役CEO

2016.01.12


≪私のレジュメ≫ 藤田康人ができるまで

 

 

■藤田康人氏略歴

 

大学卒業後、味の素株式会社に入社。

 

1992年、ザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)をフィンランド人の社長と共に設立し、甘味料キシリトールのプレマーケティングを担当、キシリトール・ブームを仕掛けた。

 

2007年5月、マーケティングエージェンシー、インテグレートを設立。

 

事業会社に就職してマーケティングを担当、その後マーケティングエージェンシーを自身の手で設立と、マーケッターとしてキャリアを積み重ねてきた偉才・藤田康人氏。

 

この藤田氏の人格が形成される上で影響を与えていると思われる、印象的なエピソードをお聞きしました。

 

 

■人生の7割は運命で決まっている、でも3割は自分で選択できる

 

子どもの頃、よく父親に教会に連れて行かれました。

 

そこで牧師さんに、「人生は、7割は運命、宿命で決められている。そして残りの3割は、自分で選べるようになっている」と言われました。

 

「7割がすでに神様に決められているのなら、その運命に従って穏やかに生きていくという生き方もある。でも、残りの3割を自分で意思決定していけば、意外と思い通りの生き方ができる。君のタイプからすると、常に3割自分で選び続けて生きていった方がいいんじゃない?」

 

これって、僕にとってはとても好都合な言葉なんです。どんなに仕事を頑張っても、うまくいかないこともある。そういう時は、「これは運命の7割での出来事だからしょうがない」と言うことができます。でも、それはしっかりとやりきった上でのことなんですね。

 

社員にも「やりきった上で結果が出ないのはしょうがない」と、結果が出なくても怒ることはありません。でもちゃんとやりきったかどうかだけは相手に問います。やりきった上で結果が出なければ仕方がないけれど、まず最後までできることをやりきらなければ、運命は変えていけないのです。

 

 

■藤田康人への【10の質問】

 

直観に従って即答していただく本企画。「語られない部分」での本質をうっかり浮き彫りにしてしまうかも!?

 

好きな言葉
「愛」

 

嫌いな言葉
「効率」

 

気持ちを高揚させるものは
「情熱」

 

うんざりすることは
「事務処理」

 

好きな音は
「イルカの声」

 

嫌いな音は
「車の音」

 

好きな悪態
「めんどくさい」

 

今の職業以外でやってみたい職業
「弁護士」

 

絶対にやりたくない職業
「金融関係」

 

天国に着いた時、神様になんて言われたいか?
「待ってたよ」

 


デジキャリ的クロストーク:インテグレート藤田康人 ×Win3黒瀬①

デジキャリ的クロストーク:インテグレート藤田康人 ×Win3黒瀬②

藤田康人のキャリア形成学

≪私のレジュメ≫ 藤田康人ができるまで

←INTERVIEW 一覧へ戻る