ウィンスリー黒瀬⑤「未来に向けてのキャリア教育を、アジア全域で」

黒瀬 雄一郎

(株)ウィンスリー 

代表取締役

2015.12.08


ウィンスリー黒瀬⑤「未来に向けてのキャリア教育を、アジア全域で」

 

広告・デジタルマーケティング業界にJ1レベルのプロフェッショナル人材を紹介する人材紹介会社、(株)ウィンスリー。代表取締役の黒瀬雄一郎氏に、これから実現させていきたいことについて聞きました。

 

 

(5)未来に向けてのキャリア教育を、アジア全域で

 

◼︎日本はいまだ新卒採用が重要視されていますね。逆に新卒採用時の会社にとらわれて、本当にやりたい仕事ができていない人もいるように思います。

 

黒瀬:日本にはまだまだ優秀な人がいっぱいいるんです。上流の仕事を任せれば日本のGDPをあげることができる人材は多いのに、一度入社した会社に埋もれてしまっている人が多い。

 

新卒採用の人材紹介会社というのもあって、お金を払って優秀な人材を集めている会社もあります。お金を払わないと新卒が入らない会社というのは、結局そのレベルなんです。そういう会社によくわからないままに新卒で入社した学生が、2〜3年で辞めているということが起こっています。学生の方もちゃんとキャリアについて勉強してていないというのも悪いんですが、日本ではキャリア教育がほとんどされていないのも問題です。「本当に自分がやりたいことはなんなのか」と学生のうちからキャリアに対する意識を持って欲しい。なので、将来的には、小学校のうちからキャリア教育をしたいと思っています。

 

◼︎キャリア教育とは何をするんですか?

 

黒瀬:やりたいことを考えるきっかけ作りですね。小学生の娘がいてチアリーディングをやっているんですが、たまたま入ったチームがすごく優秀で、世界レベルで戦えるチームなんです。なのに、中学受験のために辞めてしまう子がすごく多いんですね。せっかく世界レベルのチームなのに、親たちが「将来のためには、チアよりも中学受験をする方がいい」と考えてしまう。

 

これはチアリーダーを続けていっても将来的なキャリアがわからないからなんです。チアなどのスポーツをやっている人がどのような世界で活躍しているのか、身近に知る機会があれば、キャリアの選択肢を広げることができます。

 

トップ・オブ・トップのチアリーダーだけじゃなくても、20番手30番手のチアリーダーの人たちがどういう風に活躍しているのか。チアリーダーだけでなく、様々な職業の人がどのように仕事をしているのか、知ることが大切です。

 

身近な職業の方のロールモデルがたくさん掲載されていて、その方たちと子ども達がコミュニケーションをとれるようなサービスを、いずれ作りたいと思っています。

 

◼︎本質的に自分のやりたいことを見極める手伝いを早いうちからしたいということですか?

 

黒瀬:そうですね。そういうサービスがあれば、よくわからない会社になんとなく入ってしまってしまうというキャリアのミスマッチもなくなると思うんです。

 

各第一線で活躍している、夢を追っている人ってたくさんいると思うんですが、具体的にどういう経歴をたどっているかは子どもたちにはわからない。そこで、そういう人たちの経歴などがロールモデルとして掲載されていて、そこに小学生が話を聞きにいくとか、そういうサービスができるといいと思っています。

 

ロールモデルの方にその夢をやり続けて良かったのか、メリットデメリットも話してもらう。その上で、リスクをとってもチャレンジするかしないか、それは子ども達が自分で決めることなんですけどね。

 

いずれ、そういう子どもたちがキャリアを考えるための参考になるメディアを作って、アジア全域でサービスを展開していきたいですね。

 

◼︎今後、具体的にはどのようなことをやっていきたいとお考えですか?

 

黒瀬:まず、ウィンスリーの業務として、日本のマーケティングレベルの底上げになる活動を、やっていきたいと思っています。それがマーケティングに対する啓蒙活動ということですね。マーケティングやキャリアの本質などについて、コラムなどで発信していきたいと思っています。

 

それから将来的には、子どもたちへのキャリア教育となるメディアのサービスを展開したいです。

 

2006-10-22-10.30.45

 

 

ウィンスリー黒瀬①「日本企業のマーケティングに関する意識を変えていく」

ウィンスリー黒瀬②「これまでの人材紹介会社の常識を超えたアプローチを」

ウィンスリー黒瀬③「できる人材はここが違う!」

ウィンスリー黒瀬④「“本質”をとらえたキャリアを提案」

ウィンスリー黒瀬⑤「未来に向けてのキャリア教育を、アジア全域で」

 

インタビュアー/テキスト:松村知恵美

←INTERVIEW 一覧へ戻る