【後編】プロフェッショナルの現場から「会社の根幹を担うべき人材を育む」

(1) プロフェッショナルの現場から「拡大期のIMJだからこそ適う成長機会へ」
(2) プロフェッショナルの現場から「会社の根幹を担うべき人材を育む」

前回は株式会社アイ・エム・ジェイ(以下、IMJ)が求めるディレクター像を詳しくお聞きしました。それを受け、後編では入社後の活躍イメージやキャリアパスについてお聞きします。

株式会社アイ・エム・ジェイ
Content Strategy 第2本部 第1事業部
部長
伊瀬 祐希
_DSC1186
映像・イベントを中心とした制作会社でのWebサイト企画・構築を経て、2006年IMJ入社。大型のコーポレートサイト・ECサイト・ブランドサイト・プロモーションサイトを中心に、設計・制作・企画・運用ディレクションや進行管理を担当。現在は、プレイングマネージャーとしてPM・ディレクション業務を行う一方で、新規獲得~構築部隊や、デジタルマーケティング領域の運営・運用部隊のマネジメント業務を推進。また、社内を横断した業務プロセス改善チームの推進リーダーを担う。

自分の価値を自ら築ける人へ。自主性をもってキャリアを描く

 

_DSC1145
左から、ウィンスリー ヘッドハンター 三谷 岳、アイ・エム・ジェイ Content Strategy 第2本部 第1事業部 部長 伊瀬 祐希氏

三谷:他社でいうところのディレクターとは求めるところも違い、御社独自の視点がありますね。転職してきた方の印象や、入社後のギャップなどについてはどう感じられていますか?

_DSC1186
自分のキャリアは自分でつくるという気概をもってほしい

伊瀬:同業他社から転職してこられるケースがやはり多いです。大手企業と向き合ってきた方が多いせいか、違和感なくスッとなじんでいく方も多いという印象が強いですね。即戦力採用であっても、新しく入社してきた方にいきなり単独で案件をお任せするということはなく、先輩ディレクターと一緒に組んで業務にあたっていただいています。たとえば課題に対しても、IMJのメンバーと一緒にプロジェクトを進めるからこそ、定性的な視点や定量的な視点を持った提案を考えられるようになりますし、そういう提案というのは、一人でやって出来るものではなく、さまざまなプロジェクトメンバーと一緒に考えられるからこそ形になり、その結果、ディレクターとしての幅が広がっていくわけです。

また、提案次第でさまざまな手法からファクトを抽出したアウトプットが導き出されるわけですが、それをインプットにしてコンセプトや設計にどのようにして落とし込むかには正解がなく、ディレクターの腕の見せどころになります。さらに、もっと難易度の高い案件には、たとえばユーザーの気持ちや態度変容をどう考えていくのかを考えるUXプランナーや、具体的な数値を根拠にして課題を見つけるデータサイエンティストのような得意領域をもったメンバーがアサインされます。これは刺激的ですよ。

 

三谷:チームで臨む仕事だからこそ、さらに専門スキルが磨かれていくわけですね。他にもサポート体制やキャリアパスなどがあればお聞かせください。

伊瀬:キャリアアップについては、もちろん相談にも乗りますし、何ができるのかを一緒に考えることもしていますが、基本的には「自分の人生をどうしていきたいかは自分で考える」という姿勢をもってほしいと考えています。半期に一度、目標設定面談や評価面談で話をしていますが、たとえばもう少し専門的なストラテジストになることを希望するのであれば、そういった案件にアサインしたり専門部署へいくことを進めたり、設計などを追求したいのであれば、インフォメーションアーキテクトとして、より複雑で高度な設計ができるプロジェクトを探したりなど、たくさんある案件相談のトレンドを踏まえながら、メンバーの意向を実現するための後方支援はどんどんしていくつもりです。

また、IMJは職種を超えたジョブローテーションを認めているので、たとえばシステム開発本部から異動してディレクターになりたいといった希望もかなう会社です。自分のキャリアをつくるのは自分、という気概と自主性をもって、自分の価値を自らつくれる人になっていってほしいです。担当した案件を通してさらに自分を成長させていってほしいですね。

 “新しい風” がもたらす刺激的な環境で、会社の根幹を担う人材が育つ!

三谷:ありがとうございます。アクセンチュアとの協働は、組織にどのような影響を与えていますか?

伊瀬:協働の結果は、これからどんどん世の中に見せていくことになりますが、間違いなく刺激になっていて、「何かやってやろうぜ!」という雰囲気に満ちていると感じますね。移転後はフリーアドレスやワンフロアになったことも奏功して、いろんな人と気軽に会話がしやすい雰囲気になりました。「IMJは制作だけではなく、マーケティングの会社」。そこを理解してディレクションしていこうという意識が高まってきています。

当社のディレクターに欠かせない素養は、コミュニケーションが好きなこと。コミュニケーションスキルももちろんですが、「お客様を喜ばせたい」というような、ホスピタリティーも重要です。これがあることでお客様への提案の幅が広がります。また、提案力を磨くためには、日ごろからいろいろなモノ・コトをインプットすることが大事です。アンテナを高くはることで、日常のなかからインプットを増やしていくことができるはずです。同時に、シンプルに整理して理解を促すためにロジカルシンキングを勉強しておくことも非常に役立つと思います。

_DSC1252
刺激的な環境で、案件を介して成長できる機会がかなう現場

三谷:具体的なアドバイスですね。最後に、伊瀬さんのチームにおける中期的な目標をお聞かせください。

伊瀬:現在、うちのチームからは、IMJの要となるような根幹プロジェクトに多数のメンバーを輩出しています。向こう5年はさらに需要が増すはずなので、そこに対応できるべくメンバーを鍛えていきたいと考えています。それによってチームのナレッジを会社に還元できる組織にしていくことが当面の目標です。

三谷:ありがとうございました。質の高いサービスで業界を牽引していく企業が考えるディレクター像をより明確にもつことができました。

_DSC1271
ウィンスリー ヘッドハンター 三谷 岳 デザイン性の高いスタジオ内のカフェにて

 

(1) プロフェッショナルの現場から「拡大期のIMJだからこそ適う成長機会へ」
(2) プロフェッショナルの現場から「会社の根幹を担うべき人材を育む」