キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 × ウィンスリー 代表・黒瀬雄一郎 (2) :業界キーマンが語る、成長を続ける企業・生き残れる人材とは

キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 × ウィンスリー 代表・黒瀬雄一郎
(1) 採用の現場を知り尽くした業界キーマンに聞く、 2016 年の転職事情
(2) 業界キーマンが語る、成長を続ける企業・生き残れる人材とは

株式会社キープレイヤーズの代表として多数の実績を掲げ、企業からも候補者からも厚い信頼を獲得している高野 秀敏 氏にウィンスリー代表の黒瀬 雄一郎が 「人材紹介事業」 の実情を聞く企画の後編です。旧知の友人でもある二人が、人材紹介という仕事の中で感じたあれこれを語る対談の後編になります。

キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 氏

高野 秀敏

株式会社インテリジェンス → 株式会社キープレイヤーズ

≪略歴≫
1999 年、株式会社インテリジェンスに入社。 2005 年に独立し、株式会社キープレイヤーズを立ち上げる。スタートアップ時のベンチャー起業の人材採用支援を中心に、ビジネスを展開。 20 社以上で社外役員を務める。エンジェル投資として国内、シリコンバレー、バングラデシュで投資を実行している。

株式会社キープレイヤーズ 公式 Web サイト:http://www.keyplayers.jp/
KeyPlayers キープレイヤーズ代表取締役 高野秀敏のブログ:http://blog.livedoor.jp/keyplayers_takano/

 

人が辞める企業こそが成長していく?企業成長と離職率の相関関係

キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 氏
キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 氏

■黒瀬:転職がカジュアル化した時代という話もありましたが、入社した方が辞めず、長く定着していく会社に共通した「何か」ってあると思いますか?

■高野:あるでしょうね。ただ、私の持論では、 「人が辞めない会社は衰退していく」 というのがある。これは長年見てきた結果論として抱く考えなのですが、圧倒的な企業成長と離職率には相関関係があると言わざるを得ない。ボトム 10 %の人材は入れ替え続けていくのが、企業の成長のためには必要と言われていますし。ただ、正社員を辞めさせることができない日本では、なかなかそれが難しいことでもあります。

■黒瀬:そうですね。ウィンスリーでお世話になっているメディア企業さんでは、入社した 15 %の人が 2 年以内に退社されますが、その企業自体は飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けています。辞めずに残っている方は、どんどんステップアップされていて、ある意味自浄作用のようなものが働いている気がしますね。

■高野:離職者が多い = 悪い会社、というわけでは決してないですからね。でも、入社後 1 年以内に辞めていく人が多い会社には、疑問が残ります。

■黒瀬:以前は 「入社したら3年は働いて経験を積む」 という意識が定石とも言えましたが。

■高野:うん、その意識は変わってきていますよね。今は 3 年も経つと、 SNS の会社がゲーム会社になったり、ゲーム会社が EC の会社になったりと、会社自体が変わってしまうこともあります。業界を問わず再編が行われ、敵は国内だけでなくグローバル。こういう時代には社員だけでなく、企業自体が淘汰を賭した厳しい環境にあるので。感度よくフレキシビリティに対応できないと、早々に退職を選ばざるを得ないかもしれません。

キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 氏 × ウィンスリー 代表・黒瀬雄一郎

業務委託、時短勤務など、“働き方革命”は着々と進行中。生き残れる人材はキャッチコピーを持っている

■黒瀬:ワークスタイル変革が叫ばれ、働き方も社会的な変化が起きている現在では、正社員以外にも業務委託などのニーズも出てきていますよね。

■高野:企業からすると人的リソースをどう分配するのか、個人からするとどう働き方のスタイルを変えていくか、という問題ですね。実際 35 歳を越えると転職の道があまり開かれていないわけですが、企業の内情として仕事はたくさんあるわけで。業務自体を切り出して依頼したいというニーズは確実に増えていますね。

■黒瀬:正社員のワークスタイル変革で言うと、残業時間の問題や、週休 3 日制を取り入れるなどの動きもあります。企業はどう対応していく必要があるのでしょうか。

■高野:休みを増やして、残業時間を減らして、となると、どうやったってリソースが不足してくる。正社員の業務にこだわるのではなく、時短で働きたい子育てママの能力を活用するとか、考え方を変えて業務分担をしていく必要があるんだと思います。これはもう、トップの方が率先して制度を変えていく必要がありますよね。

■黒瀬:個人の方は、この流れにどう適応すればいいと思いますか?

■高野:やはり、個人の強みやスキルを確立している必要がありますね。何か特化した強みを持っておくこと。個人一人ひとりが 「私は○○ができる人間です」 というキャッチコピーを掲げ、企業の細かいニーズにパズルのようにスキルを当てはめていくことが問われるのかもしれません。

ウィンスリー 代表・黒瀬雄一郎

トップエージェントとして走り続けてきた高野氏だからこそ知る、エージェントが生き残るための秘訣とは

■黒瀬:多様なワークスタイルが存在する時代だからこそ、自身が提供できるスキルをまとめたジョブディスクリプションシートを自分で作っておく必要がありますね。次に、転職エージェントの話もぜひ聞かせてください。リーマンショックなど景気の影響で業界自体が縮小した時期もありました。そういう厳しい状況を生き残ってきたエージェント、生き残れないエージェントの違いとは、ズバリなんだと思いますか?

■高野:会社の名前や会社の力だけで仕事をしていた人は残れないような気がしますね。企業さんもどのエージェントに依頼するかというのを精査しますので、そのマーケットに強い人を選別するようになります。転職者の方も、エージェントをしっかり見て、選別していますしね。

■黒瀬:優秀なエージェントやヘッドハンターに共通するものはありますか?

■高野:やはり、マーケットに精通していることだと思いますね。また、企業さんや転職者の方と信頼関係を築けることでしょうか。そのためには、企業の方や候補者の話をよく聞き、細かい相談や疑問にもすぐに応えていくようにしています。結局は伝家の宝刀なんてものはなく、基本的な話になりますがコツコツやり続けて信頼関係を築いていくことに勝るものはないと感じています。

■黒瀬:華々しい実績を持ち、業界に名をとどろかせてきた高野さんから、そんなベーシックな考察が聞けるとは思いませんでした (笑) 。それでは最後に、高野さんの将来の夢を教えていただけますか。

■高野:夢というか、これからも自分のコアであろうという点でもいいでしょうか?人材の業務というのは、人の人生や企業の成長に大きな影響を与える業務です。大きな提案をして一度に何億という数字を上げるような仕事ではないですが、企業にマッチした人材を紹介していくことにより、その企業が成長していくことで、結果として信頼をいただくことができました。信頼のおける仕事を続けていくことに意味があると思っているので、そのスタンスは今後も変わることがないと思います。

■黒瀬:ウィンスリーでは、優秀な人材を企業へご紹介し、企業活動を底上げし日本の GDP を上げるお手伝いをしたいと思っているのですが、高野さんの実績を見ると、まさに日本の GDP に貢献してきたと言えませんか?

■高野:まあ、それは大げさかもしれませんが、 17 年間続けてきたことによって得たナレッジなどはあります。それを、自分の会社だけではなく、 HR のビジネスをやっている人にも共有し、日本企業を人材の面から支えていきたいという思いはあります。現在叫ばれているワークスタイル変革など、そういった変化に対しても私のノウハウを寄与できればとは感じております。

キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 氏 × ウィンスリー 代表・黒瀬雄一郎
キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 氏 × ウィンスリー 代表・黒瀬雄一郎

キープレイヤーズ 代表取締役・高野 秀敏 × ウィンスリー 代表・黒瀬雄一郎
(1) 採用の現場を知り尽くした業界キーマンに聞く、 2016 年の転職事情
(2) 業界キーマンが語る、成長を続ける企業・生き残れる人材とは

注目の案件一覧 (ウィンスリー)

キャリア相談&お問い合わせフォーム

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリーは、若手の優秀な経験者様のキャリア相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

■ お名前 (必須)

■ メールアドレス (必須)

■ 生年月日 (必須)

■ 電話番号 (必須)

■ お勤め先

■ 問い合わせ内容
 キャリア相談 案件の仔細を知りたい 求人を紹介して欲しい その他

■ 相談内容、応募したい案件・企業名などを記載下さい

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリー