(2017年4月更新) 電通テックについての求人・転職・年収情報 2

事業再編でデジタル起点のプロモーション会社に生まれ変わった、電通テック

1月4日付で事業再編を行った、株式会社電通テック (以下、電通テック) 。以前の電通テックにおけるイベント & スペース関連部署と株式会社電通のイベント & スペース・デザイン局を統合し、株式会社電通ライブ (以下、電通ライブ) へ改組改称しました。そして同日、新たに 「電通テック」 を設立し、営業を開始しています。社名は同じですが、電通ライブが旧・電通テックの存続会社となり、現・電通テックは新設会社となります。

以前お伝えしたとおり、イベント専業社となった電通ライブに対し、新生・電通テックはデジタルを起点としたプロモーション全般に対応可能な企業に生まれ変っています。また、従来の成果物を主体とする体制ではなく、機能および提供するサービスに対応して組織を編制、クライアントの抱える課題に高い品質と付加価値のあるプロモーションサービスを展開するものとしています。

 

株式会社電通テックが営業開始― デジタルを起点にプロモーション領域全般で顧客課題への対応力を強化 ― (1月4日) 
https://www.dentsutec.co.jp/news/2017/20170104/

 

設立直後にキャンペーン・デジタライゼーションサービスの提供を開始

デジタルによる PDCA マネジメントを実行する顧客課題起点の組織となった電通テックは、新たにグループ各社との連携によるデジタル内製機能を実装したと発表しました。強化された同領域の運用によって、デジタルプロモーションやオウンドメディアの運営、キャンペーンサイトの企画構築などを行います。

そして、設立と同月の17日に早速キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス、 「 Cam-D (キャンディ) 」 の提供を開始しました。これはデータに基づいて顧客を可視化することで、新規獲得・育成、ファン化を促進することを目的に開発されたものです。キャンペーンの各過程をデジタル化することで、 「応募」 や 「問い合わせ対応」 、 「アフターフォロー」 といったプロセスごとのデータ取得・分析を可能にしました。そのうえでラインナップされたメニューの中から個別に最適なものを選択、組み合わせを行って全体を設計することでキャンペーン全体のデジタル化を図っています。同社はこれを 「キャンペーン・デジタライゼーションサービス」 と称しており、顧客データのデジタル化とその蓄積によって、一過性の販促に終わることのない継続的な関係を築く、これまでにない総合キャンペーンサービスを実現するに至りました。

 

 

 

即応プロモーションも可能に。位置データを活用したリアルタイムな対応

設立前からサービス展開の意欲を示していた 「キャンペーンのデジタル化」 を迅速に行った電通テックは、総合的かつ長・中期的なプロモーション支援だけでなく即時の要望にも対応できるサービスの提供も開始しています。それが Cam-D に続けて発表された、米国  Chalk Digital と共同開発の 「 chalk_spreAD (チョーク_スプレッド) 」 です。

chalk_spreAD とは売り場視点の広告を RTB で即時配信できるデジタルプラットフォームのことで、セールス現場でのリアルタイムな課題解決のために指定したロケーションへのスピーディーな広告展開を可能としています。配信条件には顧客の位置情報を活用したエリア選択ができ、マッピング機能を用いることでバナー広告のインプレッション数やクリック数を獲得した場所を可視化してくれます。また、効果の測定もリアルタイムで行うことができ、次回配信時のプランを想定することのできる PDCA 機能が実装されています。

これら場所特有のデータ蓄積は店舗やエリアの担当者にとって、今後のチラシや交通広告の出稿検討に大きく貢献するものと考えられます。さらに、これまで現場店員の判断に頼り切っていた売り場での即時的な問題対応および集客・販売促進手法となり得るサービスだといえます。

40583671 - digital marketing process, business concept

新生・電通テックのデジタルプロモーションが業界に大きく切り込む

上記のサービスはいずれも従来ハガキやチラシが担っていた役割をデジタル化し、データを収集・分析することでプロモーション効果を最大化するものです。複層的なデータの掛け合わせから高精度な分析を行うことができるようになり、それらを蓄積していくことによってセグメントの緻密さが増していくという点から、今後の同社のサービスはさらなる進化を遂げていくことが予想されます。

これ以降も同社は、 Cam-D のようなキャンペーンデータをマーケティングに活用するサービスの開発や、 chalk_spreAD (デジタルプラットフォーム) を顧客企業に導入推進を行う方針を示しています。また、3月7日の発表では新任取締役執行委員に電通のデジタルマーケティングセンター局長補兼電通デジタル執行役員の松本卓一氏の名前が挙がるなど、人事的な強化の動きも見られています。新生・電通テックによるジオ・データ起点の新たなデジタルプロモーションに、ますます注目が集まることになりそうです。

 

電通テックに転職するには?

Digitalオリエンテッドなスキルをもった中途採用を積極採用しています。

営業、プロデューサー、プランナー、運用など、各ネット専業組織にあるポジションを幅広く募集しています。

とはいえ、クライアントは電通規模の大手クライアントばかりですので、このあたりの規模の大きいアカウントをどれだけやってきたか?というのも採用合否のポイントとなります。

また、意外に学歴はそこまで気にしてはおらず中途採用ですので即戦力かどうか一つの基準となります。

面接プロセスは、2〜3回です。契約社員、正社員ともに募集があり、SPIや適正検査もあります。

また各部署で必要とスキルが重複することもあるため、面接においては複数部署の方が出席されることも多いようです。

また制作・プロモーションに特化した企業であるため、ポートフォリオや企画書の準備もあるとより選考でのアピールポイントとなっていくでしょう。

 

気になる電通テックの年収は?

職種によっての大きな開きはなく、どちらかと言うと、年功序列に近いかたちです。

中小の代理店やプロダクションと比べると1段階、2段階高いイメージです。

 

電通テックの求人・採用情報

幅広くポジションがございます。

(株)ウィンスリーにてDigital系人材はしっかりサポートさせて頂いておりますのでお問い合わせください。

電通テックの求人はこちら

 

広告デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリー