「あの」奥谷 孝司氏、ショーケースギグのオムニチャネル スーパーバイザーに就任!

マーケターならご存知、むしろ知らないならマーケターにあらず…とも言える奥谷 孝司氏。その奥谷氏がこの度、株式会社Showcase Gig(以下、ショーケースギグ)のオムニチャネルスーパーバイザーに就任しました。(画像出典:ショーケースギグWebサイト)

少しおさらい!「顧客時間」が代名詞、マーケター奥谷 孝司氏とは

デジキャリ編集部も何度か奥谷氏の講演を拝聴したことがあり、その度にぶれない視点と色あせない実績、そして謙虚でユーモア感覚を持ち併せたお人柄に胸をときめかせたものです。今さら感が伴いますが、ここでざっと奥谷 孝司氏の経歴をざっくりご紹介しましょう。

画像出典:PR TIMES
画像出典:PR TIMES
【プロフィール】
1997年株式会社良品計画に入社。3年の店舗経験後、取引先の商社に2年出向し、ドイツ駐在中、家具・雑貨関連の商品開発や貿易業務に従事。帰国後は海外のプロダクトデザイナーとのコラボレーションを手掛ける「World MUJI企画」を運営。2003年には良品計画初となるインハウスデザイナーを有する企画デザイン室の立ち上げに参画。2005年衣服雑貨部の衣料雑貨のカテゴリーマネージャーに就任後は、開発した現在の定番商品「足なり直角靴下」がヒット商品に。2010年、WEB事業部長に就任。2014年にはプロデュースした「MUJI passport」が日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会の第2回WebグランプリのWeb人部門でWeb人大賞を受賞。
2015年4月日本マーケティング学会理事に就任。
2015年10月オイシックス株式会社(現オイシックスドット大地株式会社)に入社後、2016年10月統合マーケティング部 部長 COCO(Chief Omni-Channel Officer)に就任。2017年4月一橋大学大学院商学研究科博士後期課程へ入学。2017年10月株式会社Engagement Commerce Lab.設立、現在に至る。※PR TIMESより

ふりかえってみると、やはり転機は2010年のWEB事業部長に就任されたこと。

奥谷氏が手掛けられたアプリ、「MUJI passport」の功績は当時のヒットから今もってなお、小売り業界における功績の一つであることは間違いありません。そして奥谷氏と言えば「顧客時間」と言えるほど代名詞化しているこの考え方も、多くのマーケターの思考に影響を与えています。顧客データの原始的始まりは、購入時にのみ得られるものでした。ところがスマホを手にした現代、常にオンライン状態にあるユーザーは手元世界に続々と届くプッシュ通知から購入を検討し、実際に購入に至るまでのカスタマージャーニーがある…。さらには購入したものをSNSにアップして体験をレビューするというまでに行動様式が変化しています。この、「検討→購入→消費」一連の流れを奥谷氏は「顧客時間」と呼びました。この一連の流れのなかでは、さまざまな行動データがちりばめられているのです。

実店舗運営支援「O:der」を推進するショーケースギグ。マーケターには見逃せない展開になりそう!

「MUJI passport」リリース当時に、CRMにとことん向き合った結果たどり着いたリアルな見解であり、このことは今日のデジタルマーケティングにつながる流れです。

その奥谷氏が良品計画からオイシックスドット大地へ転職してから3年になろうとする現在、ご自身の会社も立ち上げられ一層の活躍が予想されるわけであります。

さて、ショーケースギグとは?オムニチャネル・モバイルペイメント領域のプレイヤーであり、実店舗運営支援ソリューション「O:der(オーダー)」を提供しています。店舗運営者は、「O:der」を活用することで、事前注文・決済機能による店舗オペレーションの効率化支援やAIを活用したチャットボット接客支援サービスなど、IoTも駆使した総合的店舗運営管理を支援しています。顧客は来店する前にあらかじめスマホアプリ「O:der」で商品を注文・決済することができ、店頭で待たずに商品を受け取れたり、キャッシュレス決済など新たな購買体験が可能。

率いる新田 剛史代表もエポックメイキングとなった輝かしい多数の実績があり、今後の両者の協業もマーケターにとっては見逃せない動きになるのではないでしょうか。